"KITSUEN" ROOM

アクセスカウンタ

zoom RSS きっと、必ず・・・

<<   作成日時 : 2005/07/03 21:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

やっと梅雨らしくなってきたのでしょうか?
本日も一日中雨。少しは涼しく感じますが、その分湿気が凄いですよね。
今週は雨模様が続くようですが。。。。

今日は久しぶりに実家に帰ってきました。
実家は兵庫県の姫路というところにあります。
祖父母にハワイのお土産を渡すのが目的だったのですが、もう一つ大事な用事がありました。

我が家では正月に必ず行く親戚のうちがあります。
親父のおじさんにあたる人(祖母の兄弟ってことやね)の家に元日の正午過ぎから、
親戚が三々五々に集合し、いつしか大宴会が執り行われます。
僕が幼少のときからきまって行われていた宴会。とても楽しい会なんです。
昔から親戚のおじさん、おばさん方々にとても良くして貰っており、
可愛がられたり、からかわれたりして、僕は正月にその家に行くのがとても好きでした。

そして・・・、いつしか僕も大人になり、お酒を飲めるようになりました。
そうなると益々楽しくなりました。
今まで子供だからとどこか近寄れなかった会話にも参加できるようになり、
周りの大人たちも子供だった僕と飲める日が来るなんてと感慨深げな事を言ってくれ、
自分も大人になったんだと実感することができて、嬉しかったことを覚えています。

毎年恒例の大宴会・・・・。実は今年は開催されませんでした。
その家の主人(親父のおじさん)の体調が優れないというのが理由。
体調が悪い理由なんて、その時は詳しく知らなかった。
今年は仕方ないなぁ。来年を楽しみにしておこうって。なにも知らずにそんな事を考えていました。

そして先週、ハワイから帰国直後に東京にいる父親から電話があり、
そのおじさんが末期がんであることを初めて聞かされました。
しかも、もって6月いっぱいという状況だから、有事の際はいつでも対応できるようにと・・・。

その前にあったのは去年の正月。
穏やかな人ながら、豪快に飲み、がっちりとした体格をしたおじさんだったのに、
あれから時間はだいぶん経っているいるものの、まさか!と信じられない気持ちでした。
詳しい状態がわからないだけに、先週は仕事も手に付かず、
そのときが訪れないことを祈りながらも、自分自身の気持ちも整理しておりました。

そして、今日。
おじさんの病床を訪ねてきました。
体の大きいおじさんはすっかりとやせてしまい、ベットに横たわってました。
喋るどころか、目を開けるのもしんどい状況のようでしたが、
周囲の声は聞こえるらしく、おばさんやお見舞いに来ていた親戚のおじさんの呼びかけには
うっすらと声を上げて応えたり、懸命にうなずいたりしておりました。

僕が訪ねる直前にたまたま僕の話題をしていたみたいで、
「ホラ!Shinskyが来てくれたんよ。お父さんわかる?!嬉しいなぁ!」っておばさんの呼びかけに、
かすれた声で「ありがとう・・・」と、しっかりと目を見開いて言ってくれました。

僕は努めて明るく、いつもの調子でおばさんや親戚の人達、そのおじさんと話しをしました。
じゃないと、涙が出そうだったから・・・。

あまり長くお邪魔するのも悪いので、そうそうに病室を後にしました。
帰り間際に、僕はおじさんの手を握り「おじさん、またお家で必ず一緒に飲みましょう!また来ますから、絶対元気になってください!」って語り掛けました。
おじさんは、またかすれた声で「ありがとう・・・」と言ってくれ、僕の手を握り返してくれました。

正直いえば、もう駄目かもしれません。。。。
でも、僕は信じたい。。。。あの家で、あのテーブルでおじさんと酒を酌み交わせることを。

また一緒に飲もうよ おじさん。
きっと、いや必ずだよ!
待っているから・・・。
頑張ってくれ!!!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
姫路は私の思い出の地でもあります。
母方の祖父母が晩年住んでいたところです(青山というところです)。小さいころは毎年お盆と正月は行っていました。
祖母は私が3歳のときに他界。祖父は一人暮らしをしておりました。(だれとも一緒に住みたがらなかったそうです)
祖父の家に行ったときは、朝早起きして祖父と二人で散歩することが、私と祖父の楽しみでした。
そんな祖父も私が高校の時に他界。姫路には今叔母しかいません。
社会人になって、精神的につらくなったとき、一度祖父と散歩した道をどうしても歩いてみたくて青山を訪ねたことがあります。なんだか胸のつかえがすっと降りたような不思議な気がしました。
二人ともがんで他界しましたが、亡くなっても私のそばではいつも祖母と祖父が見守ってくれていると今は確信しています。
Shinskyさん、おじさんはShinskyさんと会えてすごいパワーをもらったと思いますよ。Shinskyさんの思いは痛いほどおじさんに伝わっています。それはとても素晴らしいことです。がんばって欲しいです。

petitmami
2005/07/03 22:54
僕はパワーを与えられたのでしょうか?
わからないけど、でもきっとそうだと信じていたいですよね。
petitmamiさんからのコメントにホント励まされております。
ありがとうございます。
青山は実家から車で10分くらいのところです。
僕の実家はお城の近所で、家からのいい感じでライトアップされたお城が見えるところにあります。両親、兄弟ともそれぞれ東京等別の場所に住んでいますので、今は年老いた祖父母だけが暮らしております。

神戸といい、姫路といいなんだかご縁がありますね(笑)
Shinsky
2005/07/04 23:58
お城って姫路城のことですか?夢前のほうにお城あったかな?
青山を知っている人がいてうれしいです(こちらでは当然誰も知りませんから)。
姫路城は日本で一番好きなお城です。雄大で、ミステリアスで、美しくて、どことなく切なくて。。。
新幹線から姫路城が見えると、あー来たなぁって思って、いつもすごくほっとします。
駅前も大通りの先がお城になってて、すごく素敵な町構えですよね。
とても思い出してしまいます。商店街(何通りだったかな?)のおいしいラーメン屋さんのこととか、えきちかにあるおじいちゃんが好きだったおいしい抹茶アイスのお店とか(食べ物ばかりだな)。。。
う〜ん。とても懐かしい。
いい思い出がたくさんあればあるほど、その人はいつもそばにいて励ましてくれますから。おじさんもShinskyさんもみんながんばれ!
petitmami
2005/07/05 00:27
お城は姫路城のことですよ。
ごめんなさい、青山から僕の実家まで車で10分は言い過ぎました(笑)
実家はお城から少し北へ上がった住宅地になります。
今はないですが、少し前まで藤岡卓也の家が近所にありましたよ。
ラーメン屋は「みゆき通り」商店街の中にある店ですか?
お勧めはみゆき通りではないのですが、駅前の百貨店の近くにある新生軒というお店です。飲んだ後に食べる塩ラーメンと餃子は絶品かも。

励ましのコメントありがとうございます。
もう、ホンマに感謝感謝でございます。
ただ、残念ながら先ほど訃報連絡がありました。。。。
とても残念です・・・・。
Shinsky
2005/07/06 01:33
それそれ!!新生軒!!!
通りに入って右側すぐのお店じゃない?カウンターと反対側に壁沿いにカウンターぽくなってる店。お店の人がいつも餃子を包んでいるの。
すごい!あんな小さなお店知ってるの?
餃子とラーメン(私はワンタンメンが好き)がおいしいのよ!
母親が大好きで、最近は行くと必ず寄ります。
なんかいろいろびっくりです。。
petitmami
2005/07/06 11:22
駅から家に帰るバス停が新生軒のすぐ横にあったので、ちょこちょこ行ってました。地元では割と有名な店なんかなぁ?
僕は自分の親父に教えてもらって知りました。かなり昔からあるんかもしれないですね。
確かに、店の人がいつも餃子包んでますよね(笑)
でも、あんな小さなお店を知ってるなんて、こちらこそびっくりですよ。

あとね、姫路駅のホームにある立ち食いそば。
これが絶品です。大好物で、電車で姫路に行ったときは必ず食べます。
たぶんpetitmamiさんも食べたことあるでしょ?
Shinsky
2005/07/07 21:06
さすがに立ちそばは抵抗があり、食べたことありません。。。
でも、食べてみたい!!
今度食べてみよう。
petitmami
2005/07/08 01:34
いやいや、無駄な抵抗は止めて!(笑)
でもホントにぜひ食べてみてください。
安くて、美味しいですよ。
昔は電車の中にも持ち込めたみたいなんですが、今は駄目みたい。
新幹線のホームにはないと思いますが、在来線のホームまで降りれば
食べれます。ぜひご賞味ください。
Shinsky
2005/07/08 01:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
きっと、必ず・・・ "KITSUEN" ROOM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる